「食」 の歳時記

「明けましておめでとうございます」(今年のおせち)

2016


明けましておめでとうございます。


旧年中は、大変お世話になりました。
健やかで、実り多き年となられますようにshine

 

画像↑は、今年のおせちです。

昨年も、大晦日の未明まで仕事でした。
年賀状も書けておらす、投函したのは31日の夕刻bearing

おせちも、元旦になってから、あわてて作った
例年以上の お手抜きバージョンです。coldsweats01


ラインナップは以下の通りです

・三種肴 (黒豆、数の子、田作り)
・伊達巻 (市販)
・紅白かまぼこ (市販)
・ぶりの幽庵焼き (かぼす風味)
・栗きんとん

・海老の旨煮
・紅白なます
・ロースハム (市販)
・柚子釜 (なまこ酢)

・筑前煮風 お煮しめ
 (蓮根、ごぼう、タケノコ、里芋、鶏肉、ねじり蒟蒻)
・椎茸の旨煮
・梅花にんじん

4.5寸の小さめのお重に、市販の伊達巻、かまぼこ、
ロースハムでスペースを埋め、ごまかしています。coldsweats01


取り敢えずの皿盛り

Photo_4
 

Photo_3

Photo_5

年明けて、1回目、2回目のおせちは
お重が間に合わず、皿盛りに。despair

 

新年早々、相も変わらずグダグダ感満載ですが、
時間をもっと上手に使えるように心がけて、
しっかりと頑張っていきたいと思います。

本年も宜しくお願い申し上げますheart04


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
いずれかのタグ↑↑をクリックしていただければ、幸いですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「丹後ばらずし」

Photo

久々に 「丹後(風)ばらずし」 を作りました。


具材は、いたってシンプル。

・鯖のおぼろ(水煮缶を調味して炒りつけました)、
・錦糸たまご...
・絹さや
・椎茸の旨煮
・紅生姜    以上。

 
 
季節の野菜やカンピョウ、カマボコなどを
散らすレシピもあります。

Photo_2

 
 

 

容器は、押しずし容器やセルクルで

ご当地では、「まつぶた」 という浅めの木箱で作る
とのことですが、残念ながら手元にありません。

そこで、「押しずし容器」や「セルクル」などを使って、
ちょっと小ぶりに作ってみました。

(密閉容器やケーキ型などでもOK!)

 

Photo_3

 
押しずし容器とひさごの物相↑

 

Photo_4
 

セルクルで作ってみました。↑
可愛いけど、小さすぎて具は余り乗りませんcoldsweats01

 

Photo_5

ひさご(瓢箪)型の物相でも試してみました。↑
何だかグダグダな作りに。coldsweats02

四角や丸のシンプルな型の方がいいかもしれません。
 

 

沁みる美味しさheart04

思いっきり我流で、粗野な作りとなりましたが、
鯖おぼろの旨みに、思わずニンマリ。happy01

 
 

具材と酢飯が混然一体となって、美味しさが
じんわりと 沁みていきます。confident

リーズナブルなのに、ご馳走感があるメニューです。

「丹後ばらずし」を生みだし、今日に継承してくださった
京都丹後地域の方々に感謝ですheart04
 

 

 

【参考】 「丹後ばらずし」とはmaple
 http://ajiwaishoku.com/bara/

2012年9月、みねやま萬善さんにて↓

Photo_2
 
Photo_6_3

 

網野 とり松さんのばらずし↓
(2011年 京料理展示大会にて)

Photo_5_2

 


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
いずれかのタグ↑↑をクリックしていただければ、幸いですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「いかなごの釘煮」

2015

いかなごの釘煮を炊きました。
 
今年のいかなごシーズンも、そろそろ終盤とのこと。
ちょっと育ちすぎやったけど、何とか炊けるサイズでした。

2015_2

Photo

調味料は、
黄ザラ、黒砂糖、濃口しょうゆ、たまり醤油、酒、みりん。
 
 
 

例年通り、土生姜と実山椒を加えます。

 

これで、しばらく、飯の友には困りません。
薄着の季節を前に、食べ過ぎ注意報発令中・・・coldsweats01

 


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
いずれかのタグ↑↑をクリックしていただければ、幸いですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「今年の恵方巻き」

Photo_4

節分にて、恒例の海鮮恵方巻き。

1日勘違いをしていて、タイムリミットギリギリcoldsweats02
慌てて、食材探しに。

閉店間際のスーパーをはしごするものの、
思うようなネタが揃わずwobbly

生ネタは短冊で欲しかったけど、見当たらなかったので、
かろうじて売れ残っていたパックのお造りを購入。

3軒目のお店で、やっとアナゴをゲット!
何とか体裁を整えることができました。

2015_4

Photo_5

揃えた具材は、
マグロ、鯛、アナゴ、椎茸の旨煮、かんぴょう、
キュウリ、大葉、オプションでイクラの8品。

左右キワキワまで、酢飯を置いたせいでしょうか。^_^;
粗野な作りにはなりましたが、最後まで爆裂することもなく、
儀式は無事終了。

具材たちのお蔭で、美味しく出来ましたhappy01

2015_6


無病息災、ご利益がありますように☆


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
いずれかのタグ↑↑をクリックしていただければ、幸いですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「明けましておめでとうございます」

2015
 
 
 

明けましておめでとうございます。
 

旧年中は、大変お世話になりました。
今年も宜しくお願い致します。

2015年元旦 かぶら


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
いずれかのタグ↑↑をクリックしていただければ、幸いですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ひな祭りに手まり寿司」

2014

ひな祭りの手まり寿司。
ラップでキュッと一ひねり。
不揃いな形もご愛嬌happy01
  
 

 
にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
いずれかのタグ↑↑をクリックしていただければ、幸いですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「大人のお子様ランチ」

Photo

バレンタイン本番は、コンビニスイーツでゴマかしたので、
遅れてゴメンネの 「大人のお子様ランチ」。


ラインナップは、

・ローストビーフ ハートのパプリカ添え
  (勿論、お肉は閉店間際の半額。^_^;)
 
・エビと色々野菜のサラダ...
・タラと新ジャガイモのグラタン
・あり合わせ野菜のジュリエンヌスープ
・赤まんま

盛り付けは雑やし、ツッコミどころは満載やけど、
何だか忘れ物をしていたような気分からは、解放heart04


「大人ポイント」 は、

 1.オモチャと旗が付いていないこと
 2.ローストビーフが 「たたき」 みたいなところ coldsweats01
 3.ジュースじゃなくって、アルコール付なとこ wine

 

 
 
 
にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
いずれかのタグ↑↑をクリックしていただければ、幸いですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「謹賀新年☆実り多き年になりますように♪」

2014_2

 
 
 
明けましておめでとうございます。
 
 

 
 
 
 

今年も宜しくお願い申し上げます。
笑顔あふれ、実り多き年になりますように♪

2014年元旦 かぶら

 

画像は、今年のおせち

黒豆を除き、ほぼ手つかずのまま大晦日の夕刻となり、
年が明けてから、やっと完成しました。^_^;
ツッコミどころ満載ですが、ご容赦くださいませ。<m(__)m>

毎年、ほぼ同じラインナッップの 「ナンチャッテおせち」。
市販品も取り混ぜつつ、絵面も正直、変わりばえがしません。coldsweats01

仕事柄、創作おせち等にもチャレンジしないといけない
のですが、最近は、お正月くらい 「おきまり料理」でも
いいんちゃうかなと、開き直っています。(^^ゞ


おせちのラインナップ覚書
 

【手前のお重】
 ・海老の旨煮
 ・紅白なます
 ・なまこ酢(柚子釜)
 ・いただきもののハム (美味!)

【左奥のお重】
 ・祝肴三種 (数の子・黒豆・ごまめ)
 ・若桃の甘露煮 (市販品。美味!)
 ・鰆の西京焼き
 ・紅白かまぼこ (市販品)
 ・伊達巻 (市販品)

【右奥のお重】
 ・筑前煮風煮しめ
  加賀れんこん、こえびちゃん、手綱こんにゃく
  ごぼう、鶏肉、たけのこ、絹さや
 ・梅花にんじん
 ・椎茸の旨煮
 ・手まり麩

 
 

 
 
 
にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
いずれかのタグ↑↑をクリックしていただければ、幸いですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「桜ごはん」

Photo

「桜ごはん」 を炊いてみたcherryblossom

昆布だしに酒、塩、そして少量の淡口醤油。
桜花の塩漬けを塩出しし、刻んで入れた。

炊きあがったご飯を茶碗によそい、取っておいた
「桜の花」 と 「花菜」 を添える。

おいしい~heart04

ふわっと漂う桜の香気に、思わずにんまりとする。

でも、醤油を入れたのはちょっと失敗coldsweats01
ただでさえ加熱をすると、桜の花は黒っぽくなる。

Photo_19

おにぎりにすると、こんな感じに↑
 
塩だけにすれば良かった。
桜の花のピンクには、白いご飯がやはりよく似合う。


怪我の功名?

「桜ごはん」。。
少し茶色がかったご飯をみたせいだろうか。

記憶の奥底から、母がよく炊いていた炊き込みご飯を
思い出した。
 

具なしの炊き込みご飯

その名も、「さくらご飯」。。

桜の花の香るそれとは違い、具なしの炊き込みご飯。
お揚げさんもなければ、椎茸も人参も、一切の季節野菜もない。

なんとも愛想のない炊き込みご飯だが、私は好きだった。
「おさくらごはん」 と呼んで、親しんだ。

母は濃口醤油を使っていたから、写真のそれより
色はもっと濃かったように思う。


静岡県の特有のものらしい

この 「さくらごはん」、全国区の呼称かと思っていたが、
どうやら、静岡県西部特有のものらしい。
(数年前に 「秘密のケンミンSHOW」 でも取り上げられていた模様)

母の生まれは、静岡県の浜岡町 (現:御前崎市)。
「なるほど!」 と納得する。

そういえば、京都に来てから、一度も耳にしたことがない。
存在すら、何十年も忘れていたくらいなのだから。


去来。。

小さじ1杯にも満たない淡口醤油が、母の 「おさくらごはん」 に
行き着いたのは、彼岸だからだろうか。

とっかかりに、幾多の思い出が去来する。。cherryblossom




花菜一口メモ
 
 京都の伏見桃山付近で切り花用として栽培されていた
 「寒咲きなたね」 の蕾を食用にしたもの。 
 
 一般に 「なばな」 として売られている類似の野菜があるが、
 コチラは西洋菜種系が多い。
 「花菜」 は平安時代から栽培された在来ナタネに属する。
 
 食用にされた歴史は浅いことから、「京の伝統野菜」 に
 準ずる野菜とされている。 
 心地よい歯ごたえと独特の風味、繊細な味わいが魅力。


【参考文献】
 京のブランド産品ガイドブック (公社)京のふるさと産品協会
  同 三つ折りパンフレット
 

 
にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
いずれかのタグ↑↑をクリックしていただければ、幸いですconfident
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「今年の恵方巻き」

節分の朝。

相方(♂)の仕事の都合で、相変わらず 「朝方」 に夕食。
なので、かぶら家では、いつも一般家庭より、半日早い
行事食となります。

豆まきも、午前5時半ごろ、蚊の鳴くような小声で、
「鬼は~外!!!!! 福は内~!!!!」 (ポリポリdelicious)。
こんなちっこい声で、鬼は退散してくれるんやろか。。


なんて思いつつ、本日のメインイベントの丸かぶり。

今年は、殊勝にも(?)、相方に、「具は何がいい」 とリサーチ。
なんちゅ~いい嫁や!(自画自賛!)
つ~か、これまで1回も聞いたことなかったんやけどね。coldsweats01

かぶら家では、例年 「海鮮太巻き」 なんやけど、
相方のリクエストは意に反して、オーソドックス。
「玉子、かんぴょう。。」


「ぬぬっ!」
「じゃまくさっ!」


海鮮だけやったら、切って巻いときゃいいけど、作らなあかんやん。
結局、聞いといて 「かんぴょう」 は、軽くスルーbleah
ほな、「聞くな!」 って話やね。 <m(__)m> suman

ただ、「かんぴょう」 以外は、結構気合を入れて揃えました。


そろえたネタ

椎茸の旨煮 (これがないと味がしまらへんのよね)
きゅうり (縦1/4にカット)
玉子焼き (日頃は絶対入れへん砂糖を加えて焼いてみました)
海老 (串を刺してボイル)
焼きあなご (酒蒸しにして、ツメは椎茸の煮汁を使用)
生きはだまぐろ短冊 (閉店前の半額)
サーモンお造り    (閉店前の半額)
真鯛お造り      (閉店前の半額)
 

Photo_2

ネタ数は、末広がりの8種類 (2人前)。

エビと玉子が増えて、去年より、2品多くなりました。
7種類に収めたかったんやけど、なんやかやと
揃えているうちにオーバーしてもうた。。coldsweats01

生ネタは、恒例の閉店間際の半額とはいえ、こりゃ市販の
「巻き寿司」 買うた方が、絶対安いわ!
そこそこ、え~もん買えるんちゃうか?
 

ともあれ。。
 
ネタ数はさておき、ひとつひとつのボリュームが
結構あって、「巻き」 は苦戦が予想されます。
  

Photo

案の定。。爆発寸前!!!!! (>_<)

半切りの海苔を足して、すし飯を追加すれば、事なきを得る
のだろうけど、そうなると太過ぎて食べづらいし、カロリーも
ますますヤバくなるし。。shock
 

磁石で、恵方の南南東を確認して、
いざ、丸かぶり!


食べにくいこと、この上なし!
沈黙の完食のあとは、あれやこれやの大騒ぎ。。

「ノドつまる~!!!!!」(♀)
「やっぱ、この食べ方野蛮やわ!!!!!」(♀)
「なんでや、最高やで~!!!!!」(♂)


今年も昨年に続き、この 「粗野」 な風習に文句ばっかりの
私 「かぶら」 と、ご満悦の相方(♂)なのでした。 

ただ、やっぱり 「かんぴょう」 はあった方がええわ!
来年こそ、さぼらんとこ。happy01


昨年の 「恵方巻き」 についての記事はコチラ↓
http://yasaitosakana.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-67f0.html
やっぱり大騒ぎしていますcoldsweats01
 
 

 
にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
いずれかのタグ↑↑をクリックしていただければ、幸いですconfident
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)