徒然

「久々に。」

8月某日。
アニバーサリーな日の忘備録です。


久々のフレンチにて、シェフのお任せコース。

Photo_2

キャヴィア メルバートースト添え

 

Photo_3

にんじんのムース 生ウニを添えて

 
 

Photo_4

オードヴル盛り合わせ

 

  サーモンフレーク?のスモーク仕立て (名称不明。^_^;)
 
 
  イベリコ豚のテリーヌ
  フルーツトマトのミルフィーユ
  冬瓜とスクランブルエッグ、ほか
 

Photo_5

フレッシュフォアグラのソテー トリュフ風味
 

  (添えの野菜はズッキーニ)

 

Photo_11
 

パリ風クリームスープ

 (じゃがいもとコンソメの二層の冷製スープ)

 

Photo_12
 

アワビのステーキ ア・ラ・メゾン

   (添え野菜 : 蓮根、黄色ズッキ、小なすなど)  

 

Photo_8

牛フィレ肉のステーキ デミグラスソース添え
  (添え野菜 : フェンネル、黄にんじん、じゃかいもなど)

 

Photo_9

デザート
  メロンのスープ ポルト酒風味 ヴァニラアイス添え 他

  サービス中の会話を拾って、アニバーサリー仕様に
  してくださいました。

 
 
 
 

Photo_10

小菓子


オーソドックスな中にも、趣向をこらしたお料理たちshine
添えのお野菜も、色々な表情をみせてくれました。

美味しく、ゆったりとした時間に感謝heart04


さあ、これで夏祭りは終わり!
爪に灯をともして、お仕事頑張ろう!



お店はコチラ↓
http://www.manyoken.com/index.html


 

 
にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
いずれかのタグ↑↑をクリックしていただければ、幸いですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「京都のえべっさん (撤福祭)」

Photo_2
 
京都 「えべっさん」 に 初参拝

1月12日、あと少しで午後7時という頃。

京都の 「えべっさん」、京都ゑびす神社に行ってきました。

いつもは、大阪の 「今宮戎」 に行くのですが、今年は
9~11日の宵戎、本戎、残り福ともに平日。
私も、相方(♂)も、都合がつかず、断念。(>_<)

ところが、仕事帰りのバスの車中で発見したポスターを
見たところ、嬉しい事実を発見!
京都の 「えべっさん」 は、12日も展開しているらしい。。
 

ってなわけで、初めての体験。
京都の 「えべっさん」 (撤福祭) に出かけた次第です。

いつも喧騒感が溢れ、人にギューギュー押されながら
「今宮戎」 に参拝していた私にとって、ある意味、
カルチャーショック!

予想に反して、境内は閑散としています。

Photo
 
飲食の屋台も、「福飾り」 の出店も一切なし。
参拝客もまばらです。。

下の写真↓は、昨年の 大阪 「今宮戎」 境内外風景。

Photo_61

えべっさんは、こうでなくっちゃ!
この賑々しさは、やっぱり魅力ですshine



定価の 「福飾り」

「福飾り」 は、境内の中でのみ 「定価」(?)販売。
ある種、毎年楽しみにしてる 「福飾り」 の値切りも
できず、ちょっぴり拍子抜けcoldsweats01

でも、去年の福飾りは 「お返し」 してしまったので、
新しいものをゲットしなければならず、相方(♂)が
「定価」 で購入。

たっ、高い!!!!! coldsweats02
私としては釈然としなかったけれど、相方(♂)は、
ご満悦の様子。


来年は9~11日の間に

京都は、大阪の3日間と比較すると、5日間の長丁場。
そのラストの日ですから、閑散としているのも、やむを
得ないかもしれません。
なにせ、題して、「撤福祭」 ですから。

宵ゑびす祭 (9日) や、十日ゑびす大祭 (10日)、
残り福祭  (11日) には、東映の女優さんや、舞子
さんが来られて、華やかなイベントもあるそうです。
(「宝恵かご社参」、「福笹」 や 「福餅」 の授与など)

参拝客も、この3日間は、たくさん訪れるとのこと。
露店も結構でているらしい。。


来年、もし京都の 「えべっさん」 に参拝するなら、
この3日間のうちに、出かけようsign01
9日と10日は、夜通し開門しているそうですし。

やっぱり、「えべっさん」 には、喧(やかま)しい
くらいの賑やかさが似つかわしいhappy01



「・・・ならでは」 の風情もnote

ただ、京都ならでは、「撤福祭」 ならではの、良さも。

人が少なかった分、その分ゆっくりお参りできて、
それなりの風情が。

板をバンバン叩いて、えべっさんにお願いするという
習わしも、「くすりhappy01」 とさせる趣きがありましたconfident
 

謎の 「お馬さん」 horse

Photo_3

謎なのが、境内の出口付近に 「お馬さん」 が
祀ってあったこと。

何か 「いわれ」 について、書いてあったのかも
しれませんが、その時は暗いし、見つけられず。

結局、お参りもせず、今も 「sign02」 で頭が
いっぱい???


勝手に、「競馬の神様?」 か何かかな、などと邪推。
(罰当たりかしらん?)

無知につき、ご容赦を。<m(__)m> <m(__)m> <m(__)m>
ご存じの方いらっしゃいましたら、教えてくださいまし。
 
 
欲深なお願い

さてさて。。
今年も 「えべっさん」 には、欲深なお願いをしてきました。
 
どうか、うまく経済がまわって、「福」 を
もたらせてくれますように。
   


もちろん、お忙しいえべっさんのこと。

「ねだるな、勝ち取れ、
     さすれば与えられん!」

「座右の銘」 は、今年も健在です。(^^)v 

でも、「おねだり」 もさせてね、えべっさん!happy01
 


昨年の 「今宮戎」 参拝の様子はコチラ↓
http://yasaitosakana.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-f757.html
  

 
にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
いずれかのタグ↑↑をクリックしていただければ、幸いですconfident
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「カワサキイズム」

実は、大リーグの野球に熱くなる私、かぶら。

先日の東京ドームでの 「マリナーズ vs アスレチックス」 でも
イチローが4本のヒットを打った初日は、スポーツニュースを
何本もはしごするほど、燃えました。


そして嬉しいのが、ムネリンこと、川崎宗則選手の
開幕メジャー昇格。

その川崎選手を評してのイチロー選手の言葉は、
示唆に富んだものがありました。
少し長いけど、抜粋、引用してみます。


―川崎の昇格を聞いた時には?

  彼にとって最大のチャレンジ。すごいことだと思う。
  (メジャーで)12年やってきて、あの(マイナー契約の)
  立場からそれ(メジャー契約)を奪い取るのがいかに
  大変かを見続けてきた。

  自分のことで誇らしく思うことはないが、他人のことで
  誇らしく思うことがたまにある。
  その一番上にくる出来事かもしれない。


―彼のすごいところは?

   感動するよね。 

 (キャンプで)追いつめられ、切羽詰まった
  状況だった。容易にそれは想像できる。
 
 それを見せないことは大変だと思う。
 必死なのにそう(みんなに)思わせなかった。
 あいつが元気にやっている。必死とかいうんじゃない。
 それが伝わってきた。それを見たから(感動するん)です。


 大変な事を大変そうにやっている人は
 いっぱいいる


 でも、あいつはそれを見せないで元気いっぱい
 やって、すでにチームを引っ張っている。
  みんながムネとプレーしたいという現象を生み出した。
 
 
 あのエネルギーすごいです。
 
 
(WEB版 「スポーツ報知」 及び 「スポニチ」 3月28日付より)



記事を読んで

記事を読んで、グサグサっときたこと。。

大して大変でもないことを、「大変そう」 に
やっているワタシcoldsweats01

その格差は大きい。。。


見習わねばっ!

 
にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
いずれかのタグ↑↑をクリックしていただければ、幸いですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「えべっさん!」

今宮戎(えびす)神社に宵戎の9日、お参りして来ました。

新今宮の駅を降車し、向かう途中の
通天閣とまぁるい月。

徐々に、気持ちが高揚していきますup

Photo


えべっさんの時は、周りの屋台もバラエティに富んでいて
とっても楽しいnote
ついついキョロキョロしてしまいます。

そうこうするうちに、今宮戎神社入り口に到着。↓

Photo_2


「商売繁盛で笹もってこ~い♪」


境内は、熱気と喧騒感に満ちあふれています。

Photo_3

 
キュートな福娘さんたちheart04

Photo_4


お参りの後、縁起物の 「福飾り」 を求めて、境内の外へ。


そこはまるで、光と色彩のシャワーshine


ある種、魔界のような異空間。
私はクリスマスの電飾より、断然テンションが上りますhappy02

Photo_6

Photo_7

売店のおっちゃんとの価格交渉を経て、
相方(♂)が購入した 「福(戎)飾り」。↓

宵戎にしては、思ったよりリーズナブルにゲットできました。
(^^)v

Photo_8

 
えべっさんには、思いっきり欲張りなお願いをしてきましたhappy01
下世話なほど、めっちゃストレートに。

ただ、今宮戎には、宵戎、十日(本)戎、残り戎の3日間で、
毎年、100万人ほどの参拝者があるとのこと。

お願いを聞いてもらえるのは、今年は私の番では
ないかもしれません。


ならば、私の座右の銘は今年もコレ!

ねだるな、勝ち取れ
さすれば、与えられん!!

 
 
以前、とある方のブログで教えていただいた
「エウレ●セブン」 の一節。
数年前から、半紙に書いて部屋に貼っています。

「エウレ●セブン」 のことはよくわからないけど、何か迷いが
生じた時、このフレーズに目をやるようにしています。

自分以外のもののせいにして、言い訳がましくなって
いる時の戒めに。


私にとって一番の障害は、自分の怠惰。

大切にしたいものを見定めながら、
頑張りまっせ~punch p(*^-^*)q



 
にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
いずれかのタグ↑↑をクリックしていただければ、幸いですconfident

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「野菜の苗」 (近隣のコンビニ事情)

Photo_2

近場のコンビニ、ロー●ン。
目を引く商品がありました。
新作のスイーツや、お弁当に非ず。。
 
 
それは、野菜の苗bud
  

ちょっと前までのコンビニイメージでは、かなり違和感のある
商品アイテムです。
 
価格は、一部を除いて、2株で105円也。
ご丁寧に、「ホームセンターで買うより安い!」 との
POP付きです。
  

レジ前だから、店舗中の一等地。
「ついで買い」 を想定したものと思われます。
 
ラインナップも、結構豊富。 
「プチトマト」 や 「ブロッコリー」、「カリフラワー」 に加え、
「万願寺とうがらし」 (まま) や 「伏見とうがらし」 など、
京都ならではの野菜も、お目見えしています。
 
サイドでは、いちご、パセリ、水菜、万能ねぎ、小松菜などの、
袋入りのタネも販売。 
 
 
どこのロー●ンにでもあるもんちゃうし、オーナーの判断で
仕入れたんやろか???
 
コンビニ各社も、スケールメリット重視の画一的な側面だけ
ではなく、「地域密着」 を志向しているといいます。
おそらくは、その一環なのでしょう。 

そういえば、ウチの近隣には、結構、貸し菜園があるし、
ベランダ菜園もさかんなようです。
 
 
不謹慎な表現かも知れませんが、節電事情や生活不安の中で、
今後ますます家庭菜園ブームが、トレンドとなっていくのかも
しれません。

菜園アイテム。。
私が知らないだけで、他の地域やコンビニでも、ちょいちょい
登場しているのかもしれませんね。  

この商品たち、動くのかな。。
興味津々で、しばらく観察してみます。  

 
そういう私も、この店で、木の芽 (山椒)の鉢を買いましたcoldsweats01
購入価格、298円也 (トップ画像)。
連日のたけのこ料理の中で、めっちゃ重宝しています。
 
Photo_3

たけのこいか木の芽和え↑
定番やけど、やっぱり美味!


追記】 (後日談)
 
 翌日、同じロー●ンに行きました。
 明らかに売れているsign03
 
 伏見とうがらしと万願寺は、完売の様子。
 カリフラワーとブロッコリーは、まるっと残っていました。
 この二つ、さすがにこの時期は厳しいのかも。。。
 
 翌々日。。
 プチトマトも、動きはいいみたい。。
 ただし、追加補充の兆しは無し。
 カリ&ブロ、まるっと残。
 
  さらに、2日後。。
 トマト、ブロッコリー完売。 
 カリフラワー残。
 
 その翌日。
 
カリフラワー、しおれ始める。。  
 
 ブルーベリー新登場sign03
 ちょっと、そそられる。
 
 
 にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村 にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「『おまけ』 のシリコンスチーマー」

Photo_5
   
「宝島社」 などが仕掛け人となって、ブレークしている
出版業界の 「付録付き書籍販売」。
 

一昨年頃より、調理器具付きの料理レシピ本が
売れ行きを伸ばしているとの事です。

昨年10月に 「主婦の友社」 が出版した「シリコン
スチームなべつき 使いこなしレシピBOOK」 は、、
2カ月で25万~30万部の出版を記録。
「鍋」 の製造が追いつかないほどだそうです。

ふと立ち寄った書店で、「シリコンスチーマー付き
レシピ本」 を発見!
遅ればせながら、話のタネに、試してみることに
しました。
 

購入したのは 「幻●舎」 の 「シリコンスチーマー付
『栄養たっぷり楽チン! クッキングレ●ピ』。
 
価格は、1,600円 (税込み)。
「MADE IN CHINA」 の表記があります。
 

以下は、個人的な使用感を述べたものです。

 

形状

 蛇腹状になっており、コンパクト。
 流通上の便宜性や、書店での陳列のためと思われますが、
 初めて見た時は、そのペッタンコさに衝撃!
 
 最初にこの方式を考案した方、尊敬します。
 
Photo
 
 
使用感
 
 フタが別付のこのタイプ、場所をとらないという点では、
 使い勝手がいいような気がします。
 ただ、この商品に関して言えば、フタはやや取れやすい
 印象を受けます。

 
安全性
 
 データが揃っておらず、何とも評価できかねます。
 ただし、蛇腹構造は、汚れが溜まりやすいと思われ
 ますので、衛生管理には、注意が必要なのではない
 でしょうか。 
 
 
収納性・耐久性
 
 その構造からいえば、収納性は非常に優れています。
 同じ蒸し料理を得意とする 「タジン鍋」 と比較すると
 収納性では断然優位。
 ただし、その優位性である蛇腹構造は、何度も伸縮させ
 ていると、すぐに劣化しそうな印象を受けます。
 
 
見た目
 
 ブックには、「見た目でもかわいいオレンジ色は、
 食卓を華やかに彩ります」 とあります。
 これは好みの問題なので、なんとも。。
 
 このまま食卓に出されたら、私はちょっぴりテンションが
 下がるかもしれません。
 
 こっちは、「タジン鍋」  に軍配!
  (写真はタジン鍋。「いさきのアクアパッツア」 ↓)
 
Photo_6
   

適性

 まだ、多くの調理を試していないので、中間的な感想です。
 
 蒸し野菜 → やはり蒸し料理には、パワーを発揮します。
         旨みを凝縮させ、野菜の甘みを引き出します。
         耐熱皿にラップよりも、色もキレイに
         仕上がるようです。(↓)
 
Photo_3
 
 パスタ → 微妙。ロングパスタは、半分に折ってから調理
        するため、使えるメニューが限定。
        基本的にソースを別仕立てにするので、アルデ
        ンテで食すメニューには不向きといえます。
        付け合せやパスタサラダ、お弁当の下ごしらえ
        などには、適していると思います。

 白ご飯 → 予想以上に美味。もっちりとした食感はなかなか。
        1合炊きなら、充分及第点。
 
 不向きなもの → 匂いの強い食材、油気の多い料理。
           メンテナンスに苦労しそうな印象です。
 

レシピブックについて
 
 46ページ、33品のレシピを収録。
 ボリューム的には、家電の取り扱い説明書レベル。
 冊子の厚みは約4ミリ、紙は比較的上質です。
 
 料理内容は、ベーシックなものを一通り網羅。
 面白みは欠けるかもしれませんが、ビギナーブック
 としては、展開性もあり、使いやすい構成といえる
 のではないでしょうか。
 
 注意事項や使用ポイントは、思ったより充実。
 特に、電子レンジのワット数ごとの 「加熱時間対比表」 は、
 親切だと思います。
 
 カロリー表示に、納得しかねる数値が散見されます。
 校正モレかもしれませんが、この本に限らず、かなり
 著名な書籍、WEBサイトでも見受けられることが
 あるので、要注意です。
 
 私もミスのないよう、気をつけたいと思います。
 
 
シリコンスチーマー (スチームケース) について
  
 若干の制約はあるものの、電子レンジ料理に抵抗感の
 ない方なら、「使えるツール」 と言えるのではないでしょうか。
 
 
 時折、学生さんの 「食事相談」 のお仕事をさせて
 いただくことがあります。
 
 一人暮らしの学生さんは、キッチンも充実しておらず、
 調理器具も、電子レンジと小さな手鍋だけ、と言う方も
 少なくはありません。

 栄養士的視点から言えば、目を覆うような食生活を
 している学生達も、多く見受けられます。 
 
 そんな学生達や、単身者、高齢者の方、「一人ランチ」 や、
 ちょこっとした下ごしらえになど、多様なニーズに応え得る
 グッズなのではないかと思います。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;::

 
 「シリコンスチーマー」 や 「電子レンジ」 の使用については、
 様々なお考えの方がいらっしゃるようです。
 
 私も、個人的な好みから言えば、「電子レンジ」 を
 多用する方ではありません。
 
 ただ、「ベスト」 とはいえなくても、野菜や魚料理など、
 現状より充実した食事を用意できるのなら、その活用も
 「有り」 なのではないかと。
 
 
 できれば、他社製品との比較も含め、今後、「煮魚」 や、
 「汁物」 、「焼き物」 などの仕上がりも、追々チェックして
 みようと思います。
 

 
 にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村 にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)