« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

「コシアブラと京たけのこ の天ぷら」

Photo

Photo_5

美味しいと話には聞きつつも、食べる機会のなかった
「こしあぶら」。

産地は秋田。
デパ地下の青果売り場で見かけて、迷わず購入しましたshine

大原野の京たけのこと一緒に天ぷらに。
塩と天つゆでいただきました。

 

Photo_7

掛け値なしに旨しっheart04

 

「山菜の女王」 との異名に納得です。
京たけのこの天ぷらも感涙の旨さhappy01

 

塩と天つゆ、どっちも美味しかったけど、
山菜はやっぱり、シンプルに塩に軍配note


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
いずれかのタグ↑↑をクリックしていただければ、幸いですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「長岡京でたけのこ掘り」

Photo

整然と管理された 「たけのこ園」

N・Eさんからお誘いを受けて、長岡京市へ。
たけのこ掘り体験に参加させていただきました。

京たけのこの畑は、何回か見学させていただいて
いますが、その度ごとに思うのは、圃場の美しさ。

Photo_3
 
 

管理されたたけのこ園

放置林が、うっそうと茂った竹藪なのに対し、
たけのこ農家さんがしっかりと管理された圃場は、
竹間が広く、明るくって整然としています。

Photo_4

うっそうとした放置林


たけのこ掘りには四苦八苦。


Photo_8

たけのこと格闘するワタシ

頭を出していないたけのこを、自力では全く見つける
ことができず、掘り出すのも一苦労です。

 

京たけのこが美味しい理由(わけ)

京たけのこの美味しい理由が、その気候風土と共に、
農家さんの生産技術と積年のご努力にあることを
再認識させてくれた1日となりました。

 
お土産にいただいたタケノコは、
持ち帰ってすぐ下ゆがき。

Photo_9

繊細で心地よい歯触りと、ふくよかな香りと旨みshine

サラダと網焼き、たけのこご飯、若竹汁などで、
それはそれは、美味しくいただきましたheart04

お誘いくださったNさん、
お世話くださった長岡京市の皆さん、


どうもありがとうございましたheart04

 


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
いずれかのタグ↑↑をクリックしていただければ、幸いですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「名残のつぼみ菜で2品」

名つぼみ菜とタコの酢味噌和え

Photo

まずは、
タコと新物ワカメと一緒に、酢みそ和え(がけ)に。

小さいものは2つ割り、大きければ4つ割りにして、
塩ゆでにして用います。

生でもいいのですが、サッと湯がいた方が色味もよく、
甘味が増して、美味しいように思います。

Photo_2

 

葉も美味shine

葉も美味しくいただけます。
ザクザク切って、炒め物や煮びたしにnote

Photo_3
 
 

F農園さんの圃場より↑


Mini
 

葉(左)とわき芽(右)

 

つぼみ菜とアサリのパスタ

Photo_4

つぼみ菜の2品目は、アサリと一緒にパスタ。
スナップえんどうも加えて、具だくさん。
味付けはおなじみのペペロンチーノ風に、アンチョビ。...

あさりのジュースは、やっぱり偉大shine
具材と麺を、旨みのベールでまとめてくれます。

 
 

しっかり噛み応えがある野菜のお蔭で、パスタもセコれて、
めでたし、めでたしup  happy01
 

 
 
つぼみ菜 一口メモ
 
アブラナ科の野菜でからし菜の仲間。
主に、わき芽の部分を食用にします。

β‐カロテンのほか、血圧降下作用があるといわれている
GABA(γ‐アミノ酪酸)などを含んでいます。

別名 「子もち高菜」。
コリコリとした食感が魅力ですheart04


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
いずれかのタグ↑↑をクリックしていただければ、幸いですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「スイスチャードと豚肉の煮びたし」

Photo_2

スイスチャードと豚肉の煮びたし

黄色や白い葉柄のものも見かけますが、今日は定番の赤色。

若採りのスイスチャードだったら、気にならないのですが、
大ぶりのものは、苦みやエグミが舌に残ります。 

そこで、下ゆでしてから水に取り、調味液に入れて、
ひと煮立ち。
苦みやエグミは若干残るものの、随分、和らぎました。

 
 

Photo

 

ベタニン系色素

煮汁には鮮やかな赤色が浸出されますが、
本体にも意外と色は残ります。

おなじみのアントシアン系ではなく、
ベタニン系色素※とのこと。

※ベタニンといっても、ベタなダジャレを言う人の
  ことではありません。coldsweats01

 

豚肉や生椎茸、にんじんとの相性もよく、
美味しかったですdelicious


にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
いずれかのタグ↑↑をクリックしていただければ、幸いですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »